こんにちは。社長の「C」です。夏休みも終わりが近付き、学校の宿題に関して毎年恒例の蟻派とキリギリス派で明暗がくっきりという状況を迎えられていると思います。奇しくもキリギリス派になられている方は、厳しい冬(積み上げられた宿題)を乗り越え、暖かい春(新学期)を迎えられるよう、頑張って下さいませ。

勝負の秋直前、現在の弊社家庭教師のビラ撒き状況は、

東京都西多摩郡、あきる野市、八王子市、昭島市、立川市、国立市、青梅市、
千葉県松戸市、
埼玉県上尾市、狭山市、所沢市、入間市、川越市、ふじみ野市、富士見市、日高市、鶴ヶ島市、三芳町、
山梨県大月市、上野原市、
福島県福島市、二本松市、本宮市、南相馬に加え、
長野県上田市、
岐阜県土岐市、瑞浪市、関市、土岐市、岐阜市、各務ヶ原市、羽島市、
愛知県犬山市、扶桑町

です。やはりこの時期反響が多いので、それだけ望まれているお客様も多いと考え、しっかり撒いていきます。

さて、本日は気分が良いので、得意の博識を披露して皆さんにお得な豆知識をお伝えしようと思います。
これを御覧の皆さんの中には、家にテレビがあるという方もおられると思います。まあ、高級家電を持って天狗になる気持ちは分かりますが、あまり調子に乗らないように。直に痛い目をみますよ。
何故ならこのテレビ、リモコンという名の中に小人のエスパーが入った箱を使って操作をするんですが、このエスパーがとにかくよく姿を消すんです。扱いを酷くすると、ついさっきまで使っていたリモコンが完全消滅……なんてことがよく起こります。こうなってしまってはテレビはただの、使い勝手の悪い騒音発生機のような存在になります。

そこで私がお勧めしたいのが、電気屋を探し回ってようやく見つけた、リモコンの要らないテレビです。なんと、あのリモコンを探す手間を、省くことが出来るんです! 凄いと思いませんか?
ただこのテレビ、最先端技術を駆使してある為か、まだなかなか店頭には並んでおりません。しかし、一見古くさ気に見える店に行って店主に訊ねると、奥から出して貰えるときがあります。是非近くの家電店に行って、「リモコンの要らないテレビはありますか?」と、訊ねてみて下さい。
ちなみにこのテレビはタイプが二種類ありまして、テレビ本体に付いているチャンネルボタンを押していくタイプと、丸いツマミをクルクル回してチャンネルを合わせるタイプとがあります。後者は特に技術的に数が希少なようなので、皆さんも見付けられたら急いで買うようにしましょう!

……ただし問題点が一つだけあります。何故かこのテレビ、いくらアンテナを合わせても砂嵐しか映らないんですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です